FXと税金の深い関係

仮性包茎の場合、寒い時は縮こまって包まれることが多くなると

思います。

そうでなくても極度の緊張を感じた時も同じようになるという経験を

した人も少なくないでしょう。

そんな時は、いつも以上に包茎治療とか包茎手術が必要なのかなあと

思ったりします。

 

包茎というのは、結構気候などに影響されるものなのですが、

体調にも影響されます。

 

例えば、風邪などで熱が出た時、まあ元気になるよりは、

縮こまることが多くなると思います。

さらに、熱がある時は、あまりお風呂に入らない方がいいという場合も

あるので、そういう場合はいつも以上に包茎の状態が気になるものです。

 

そういうことを考えると、年をとって介護などとなる時にむけて

包茎治療とか包茎手術をしておこうかなと思う人も少なくないかも

しれません。

 

体調が悪かったり、それでしばらくお風呂に入れないと、どうしても

不衛生になってくるものです。

それでもきちんを体をふいて清潔にしておけばいいのですが、

それさえ出来ないほどしんどい場合は、どうしても不衛生になって

しまいますからね。

上場企業で取引を行うと、証拠金(投資金)は公設市場に預託されます。

 

つまり、万が一、取引業者が倒産しても、預託された証拠金は基本的に全額保護されます。

 

また、上場企業で取引を行っている場合、繰越控除を受けることが出来ます。

 

繰越控除とは、FXで損失を出した場合、確定申告をすることにより、翌年以後3年間で利益が出た年に、損失分を繰越して税金の計算が出来ることです。

FXの取引の形態には、「取引所取引」と「相対取引(=非取引所取引)」の2種類があります。

 

簡単に言うと、「取引所取引」とは、公設市場を通して、取引をすることを言い、取引の相手は公設市場で、取引業者は、取引の仲介をする形態になります。

 

もう一方の「相対取引(=非取引所取引)」とは、公設市場を通さずに、取引をすることを言います。つまり、取引は、直接取引業者と行う形態になります。

 

取引所取引の場合、"税金の優遇"、"資産の安全管理"、"損失の繰越控除"、“情報の透明性”などの利点があります。

 

FXでの収支にも所得税などの税金が関わってきます。

 

これらの税金に関しては、基本的に自分で確定申告を行う必要があります。

 

上場企業で取引を行うことで、申告分離課税の適用を受けられ、税率も一律20%(所得税15%、住民税5%)となります。

 

この税率は、FXでの利益がいくらであっても増えることはありません。

スワップポイントとは、2種類の通貨の売買によって発生するもので、2通貨間の「金利差調整」のことを指しています。

 

外貨の売買を簡単にいうと、買う≠ニいうことは、自分の国の口座に外貨を入金する、ということになり、同時に支払った自国の貨幣を相手国の口座に入金していることになります。その為、2つの国で預金をしている状態になっています。

 

そして、取引を完了させる為に売る℃桙ノは、預金していた分の金利が日割りで付きますが、同時に2つの国で金利が発生していることになり、その為、2国間の金利差分の収支が発生します。

 

この金利差分の収支が「金利差調整=スワップポイント」となります。

 

ただし、注意が必要なのは、スワップ・ポイントはあくまでも「金利差調整」により発生するもので、当然、受け取る利息よりも支払う利息の方が多くなれば損失になってしまいます。

 

つまり、金利の高い外貨を買う(=金利の安い自国貨幣を売る)場合からスタートすれば、利益に、金利の低い外貨を買う(=金利の高い自国貨幣を売る)場合からスタートすれば、損失となって、そのポジションを持ち続けることで損益が積み重なってきます。

FXにおけるインカムゲインとは、「スワップ・ポイント」「スワップ金利」などとも呼ばれ、簡単に言うと「毎日貰える利息」と言えます。

 

つまり銀行などに預金した際につく預金の利息が毎日貰える≠ニ捉えることが出来るものです。

 

FXは決済期限が自由な為、株式でよく使わせる「デイトレード」と同じ極短期の方法から、数ヶ月、数年にわたりポジション(買った状態、または売った状態)を持ち続ける長期の方法まで、自由に行うことが出来ます。

 

このインカムゲインは、ポジションを持つことで毎日少しずつ貰える為、長期タイプの方法による収益とも言えます。

 

投資家の中には、金融機関への預金の代わりに利用したりするなど、キャピタルゲインよりも安定したこのインカムゲインを重視する人も多くいます。

 

このとき受け取れるスワップ・ポイントは、レバレッジを利かせた取引金額に対して付くものなので、少額の投資で多額の金利を受け取ることも可能になります。

 

つまり、ポジションを持ち続ければ、その分、金利という利益を受け取ることも出来る、ということになります。

キャピタルゲイン(為替差益)とは、株式投資で使われるものと同じ意味で安く買って高く売る、高く売って安く買う≠ニいう為替変動を利用した売買により、その差額分を収益とするものです。

 

「キャピタルゲイン(為替差益)」はFXのメインの利益とも言えるものです。

 

FXは決済期限が自由な為、株式でよく使わせる「デイトレード」と同じ極短期の方法から、数ヶ月、数年にわたりポジション(買った状態、または売った状態)を持ち続ける長期の方法まで、自由に行うことが出来ます。

 

このキャピタルゲインは、為替の変動に応じて売買を行う為、主に短期的な取引での収益だとも言えます。

 

FXは信用取引の為、レバレッジ効果を使うことで、投資金額の何十倍やそれ以上の金額の取引が行えます。

 

それにより、少ない投資金額でも多額の利益を生み出すことが出来ます。

 

ただ、逆のことも有り得る為、「ハイリスク・ハイリターン」とも言われています。

当サイトのご紹介

みなさん始めまして。

 

当サイトでは私がFXを始めてから学んだいくつかのことを紹介しています。

 

・キャピタルゲインについて

 

・インカムゲインについて

 

・スワップ・ポイントについて

 

・税金の優遇について

 

・損失の繰越控除について

 

上記の5項目を中心に紹介していますが、まだまだFXをやるには勉強することがいっぱいです。

 

みなさんも一緒にがんばってFXを楽しみましょう!

  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • 美容皮膚科

  •